オロナインは万能って知ってた?こんなにある活用法

家庭の常備薬として絶大な信頼を得て、知らない人はいないと言っても過言でないほど有名なオロナインが、実は万能ということはご存知でしたか?オロナインの主な効果や効用から、あまり知られていない驚くべき活用法まで、余すことなく教えちゃいます!
オロナインは万能?
オロナインは昔から各家庭に必ず1個はあると言われるほど、ずば抜けた信頼と知名度を得ている軟膏ですよね。そのオロナインが「万能すぎる!」と話題になっているんです。パッケージに書かれた効果や効用だけではなく、なんと美容効果も期待できるとか?
時代が変わっても、愛され続けているロングセラーの秘密は、知られざるオロナインの万能な活用法にあるのかも!
オロナインとは
オロナインが万能薬として注目を集め、その活用法が多様化するに伴い、「オロナインって一体どんな薬だったっけ?」と思っている人もいるのでは?つい忘れがちですが、昔から年齢や性別を問わず使われ続けているオロナインの本来の効果や効用をみていきましょう。
大塚製薬が1953年より販売している皮膚用抗菌軟膏剤
オロナインは1953年に大塚製薬が発売を開始した皮膚用抗菌軟膏剤です。米国オロナイトケミカル社が開発した殺菌消毒剤を利用し、軟膏タイプの大衆薬に仕上げたのが始まりと言われています。
当時はペニシリン軟膏やメンソレータムといった軟膏が大衆薬としてヒットしており、この分野であれば安定した販売を期待できると考え、徳島大学の教授の協力を得て、製品化されました。目論見通り、親から子へと受け継がれる家庭の常備薬として不動の地位を得ているところが凄いですよね!
主な効果・効用
皮膚疾患や外傷治療薬であるオロナインは、殺菌効果に優れたクロルヘキシジグルコン酸塩を配合し、にきび、吹出物、はたけ、軽いやけど、ひび、しもやけ、あかぎれ、傷、ジュクジュクしていない水虫、たむし、いんきんなどを治療します。
副作用の心配があるステロイドは使用されていないので、肌の弱い方やお子さんにも安心して使えますよ。
湿疹、皮膚炎、虫刺されには使ってはいけない
皮膚疾患を幅広く治療する効果があるオロナインですが、使用してはいけない皮膚疾患もあるんです。ただれやかぶれなどの湿疹、皮膚炎、虫刺されには使用できません。使用上の注意を守らないと症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなるので注意してくださいね。
こんな活用法もある
オロナインにはいろいろな裏技があるんです!オロナインが万能薬と言われる理由が分かる幅広い活用法を紹介しますね。
毛穴パック
オロナインを市販の毛穴パックと組み合わせると、毛穴の黒ずみや汚れがゴッソリ取れると注目を集めています。オロナインを使うことで毛穴への密着度が高まり、普通の毛穴パックだけでは取りきれない毛穴の奥の角質や汚れが取れるんです。
ただし、毛穴パックは肌への負担が大きく、頻度が増やすと毛穴の開きが増し、汚れが溜まりやすくなるので、週に1度程度のスペシャルケアとして行うのがおススメです。

オロナインを使った毛穴パックの方法
鼻を洗顔料で綺麗に洗い、水滴をしっかり拭き取る。
鼻にオロナインを毛穴が隠れるくらいたっぷり塗り込み、10分程度待つ。(お風呂に入りながらだと効果が更にアップ。)
ぬるま湯で洗顔し、オロナインの油分をしっかり落とす。
毛穴パックを通常通り行う。
パックを剥がした後は、冷水などで毛穴を引き締め、たっぷり保湿する。
オロナイン水
肌の乾燥や肌荒れが気になるときに、オロナインに2~3摘の水を混ぜて乳液状にし、肌に塗るという裏技があるんです。これは、「オロナイン水」と呼ばれていて、肌のバリア機能が低下し外部からの刺激を受けやすくなっている敏感肌でも安心して使えるそうですよ。
通常はベタベタしているオロナインですが、水と混ぜることで乳液状になるので、肌に馴染みやすく、グリセリンやワセリンなどの保湿成分が乾燥などから肌をしっかり守ってくれます。
ただし、毎日オロナイン水を使うと、オロナインに含まれる殺菌成分が肌を消毒しすぎてしまうので、肌が荒れているときのみに留めましょう。
日焼けのアフターケア
誰でもうっかり日焼けしてしまった経験がありますよね?そんなときにオロナインが使えるんです!日焼けは、実は軽い火傷の一種で、オロナインには軽い火傷を治療する効果があるので、日焼けのアフターケアとして使えるんですね。
使い方のポイントは、軽い火傷をしたときと同様に、まず冷たい水や氷で冷やして応急処置を行い、肌のほてりが落ち着いてからオロナインを塗ることです。
注意すべき点はオロナインが効果があるのは、あくまでも軽い火傷ということです。重度の日焼けや酷い水ぶくれができている場合は、オロナインを使用せず、早めに病院で診てもらいましょう。
ワキガや足の臭い対策

オロナインがワキガや足の臭い対策に効くというイメージが沸かない人も多いと思いますが、臭いの原因を理解すると納得ですよ。
まず、ワキガや足の臭いは汗によるものと思っている人が多いですが、実は、汗自体は無臭なんです。臭いの元は汗自体ではなく、汗と皮膚にある雑菌が混ざることにより発生するもので、雑菌の繁殖が原因なのです。なので、肌を清潔に保つことが第一ですが、オロナインの殺菌力が臭いの元である雑菌の繁殖を防ぐ効果があるとされています。
やり方は簡単で、入浴後の清潔な肌にオロナインを塗るだけです。ただし、市販のデオドラント製品のように制汗作用はないので、夏など汗がかきやすいとすぐに落ちてしまうため、こまめな塗り直しが必要です。
メイク落とし
オロナインには油分が含まれているので、メイク落としてとしても使えます。顔全体ではなく、どちらかというとアイメイクや口紅など部分的なメイクを、肌に負担をかけることなく優しく落としてくれると評判なんです。
例えば、お風呂でクレンジングしたけれど、鏡を見たら目元にメイクが残ってた...なんてときにオロナインが大活躍します。綿棒を使ってクルクルと優しく動かしながらメイクと馴染ませるように落とします。洗い流す必要もなく、コットンやティッシュで軽く拭き取るだけで完了しちゃうんです。
おへそのゴマ掃除
普段見落としがだったり、面倒だったりでおへそのゴマが放置されていませんか?おへそはへこんでいるので、どうしても垢や汚れが溜まりやすい場所なので、定期的な掃除が必要です。面倒なおへそのゴマ掃除だけど、オロナインを使うと簡単にキレイなおへそになれちゃうんですよ。綿棒にオロナインをつけて、優しくクルクル馴染ませるだけ!
かかとのガサガサ対策
オロナインの効能の1つに「ひび」とあるので、それほど裏ワザというわけではないですが、ガサガサのかかと対策にオロナインが効くんです!お風呂上りにかかとにオロナインを塗り込んで靴下で保護するだけとシンプル。保湿効果をよりアップさせたい場合は、オロナインを塗った後にラップで巻いて10分ほど待つと、しっとりと潤いのあるかかとになりますよ。
上手に活用すれば万能薬
普段、薬箱に眠っているオロナインを、すぐ手の届くところに置きたくなりましたか?大衆薬として歴史あるオロナインが愛され続けている理由は、皮膚用抗菌軟膏剤にとどまらない幅広い効果や効能があるからなんですね。正しく使用することで万能薬として高い効果を発揮するオロナインを生活に取り入れて、様々な悩みを解決しましょう。