オロナインって肌荒れにも効果あり?!正しく使って効果を実感しよう

オロナインには保湿効果や抗菌・殺菌効果があり、使うことで肌荒れにも効果的だとされています。乾燥やニキビといったトラブルから、角栓の除去まで万能に使えるオロナイン。その効果と使い方について見ていきましょう。
オロナイン

肌荒れにオロナイン?正しく使って効果を実感しよう

ニキビや火傷に効くオロナインですが、肌荒れにも効果的だということがわかっています。乾燥やニキビといったトラブルも、オロナインひとつあれば対応可能なんです。オロナインの効果を適切に得るための、正しい使い方についてご紹介します。

オロナインってどんな肌荒れに効果があるの?

オロナインはニキビや火傷に効く軟膏としておなじみです。さらに、肌荒れや乾燥肌にも効果的であることが公式に認められています。

肌荒れ

オロナインの主成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液には抗炎症作用があり、刺激を受けて炎症を起こした状態の肌を改善します。

乾燥肌

オロナインは保湿成分が豊富です。外部の刺激から守り、適度なうるおいを保ちます。

ニキビ

オロナインに含まれるクロルヘキシジングルコン酸塩液が、ニキビの原因となるアクネ菌や雑菌を殺菌して悪化を防ぎます。

角栓の除去

オロナインに含まれる油分は、塗ることで角栓を柔らかくして浮き上がらせるのに効果的です。

肌荒れに効果があるオロナインの成分って?

クロルヘキシジングルコン酸塩液

クロルヘキシジングルコン酸塩液は、抗菌・殺菌効果や抗炎症効果がある成分です。ニキビの原因となる菌の繁殖を抑え、赤みや腫れなどの炎症を鎮める効果があります。

オリブ油

食用のオリーブ油を美容用に精製度を高めたものがオリブ油です。ビタミンAやEを豊富に含み、高い保湿力があります。

ワセリン

オリブ油同様、保湿成分として知られます。皮膚の水分が奪われるのを防ぎ、弱っている肌を外部の刺激から守ります。

オロナインの基本的な使い方とは

お風呂上がりの清潔な肌に塗る

オロナインには独特のベタつきがあるので、使用するのは朝よりも寝る前がおすすめです。お風呂上がりの清潔な状態で、気になる部分に塗りましょう。このとき、塗りすぎてしまうとオロナインの油分で皮脂分泌が過剰になる恐れが。白くならない程度に薄く伸ばして使ってください。

肌荒れにさらに効果的な使い方とは?

そのまま使っても効果的なオロナインですが、さらに効果を高める2つの方法があります。

水溶きオロナインで乳液のように使用

水溶きオロナインとは、その名の通り少量の水でオロナインを溶いて乳液状にして使いやすくしたものです。

オロナインパックでスキンケア

毛穴がごっそりとれる!と話題のオロナインパック。貼って剥がすタイプの鼻パックの前に、オロナインを塗ることで毛穴を開き、角栓を柔らかくしてとれやすくするものです。

 

1、水溶きオロナインの使い方

まずは、水溶きオロナインの作り方や使い方を見ていきましょう。

水溶きオロナインの作り方

水溶きオロナインの作り方は簡単です。オロナインを手のひらにとり、ぬるま湯を少しずつ加えて溶かしていくだけ。顔からたれない程度の固さに調整しましょう。

使い方は乳液のように

お風呂上がりもしくは洗顔後、化粧水をつけたあとの肌に塗ります。皮脂の分泌が多いTゾーンは少なめに、乾燥が気になる部分には多めに塗りましょう。

効果的な使い方はお風呂上がりがおすすめ

お風呂上がりは毛穴が開いていて浸透率が高まります。2週間程度続けることで肌荒れの改善に効果が現れます。

2、オロナインパックの使い方

次に、オロナインパックの作り方や使い方を見ていきましょう。

オロナインパックの方法

  1. ふだん通り洗顔する
  2. 鼻にオロナインをたっぷりと塗り、10分ほど放置する
  3. ぬるま湯で十分に洗い流す

 

オロナインは白くなるぐらいたっぷりと塗るようにし、毛穴が開いたらしっかりと洗い流しましょう。

オロナインパックは部分的に使用しよう

オロナインパックは顔全体よりも、部分的な使用がおすすめです。塗りすぎると、オロナインの油分によって皮脂分泌が過剰になる恐れがあります。

ニキビにも効果ありとの報告も

オロナインが持つ殺菌・抗炎症効果によって、鼻やそのまわりにできていたニキビにも効果を発揮します。

オロナインパック後はスキンケアも重要

オロナインパックを行ったあとは、保湿ケアをしっかり行うようにしましょう。

オロナインの肌荒れへの効果の実態

肌の乾燥には2~3日したら効果を実感

肌が乾燥していた場合は、オロナインを使うことで2〜3日で効果を感じられます。オロナインは保湿効果が高くバリア機能も高めてくれますが、塗りすぎには注意しましょう。

肌荒れには使用してから約2週間で改善

乾燥による赤みや炎症を起こしている場合は、2週間ほど継続して使うことで効果が感じられます。

2週間経って効果が得られなければ中止を

もし、2週間使ってみて効果が感じられなければ、肌に合っていない可能性があります。その場合は使用を中止しましょう。

 

副作用もしっかり把握しておこう

敏感肌の人にも問題ないが稀に副作用も…

オロナインはもともと軟膏であるため、副作用は起きにくいとされています。しかし、人によってはかゆみや発疹、赤みが出るなどの症状が出る場合があります。また、もともとオイリー肌の人が使うと、皮脂分泌が過剰になってテカリやニキビを助長する可能性も。自分の肌質に合うかどうかしっかり見極めるようにしましょう。

オロナインを使うと驚きの効果が!!あなたもぜひ試してみて

季節の変わり目や体調によって、お肌の調子が悪くなることは誰しも経験があると思います。そんなとき、保湿・殺菌効果のあるオロナインを使えばお肌の調子を整えることができます。手軽に手に入り、さまざまな使い方ができるオロナイン。ぜひ試してみてくださいね。